子供と行くバンコク③室内公園Fun ariumを徹底レポート‼

子供と行くバンコクシリーズ。

小1と年小の男の子2人とアラフォー夫婦のバンコク旅行。

今回は暑いバンコクでも思いっきり遊べる室内公園

Fun arium のレビューです。

場所はこちら↓
滞在していたトンローマリオットホテルからは歩いても行ける距離ですが、
子供もいるのでタクシーで移動。51バーツでした。
営業時間と料金

f:id:mitton20:20180821100000j:plain

105cmまでの小さい子供が220バーツ。

105cm以上で13歳までが350バーツ。
大人は130バーツで
平日は時間無制限。週末祝日は3時間(追加料金で無制限も可)
ペットボトルの水は持ち込み不可。水筒はOK。
水は中で購入すると20バーツ。ロッカーは無料でした。

f:id:mitton20:20180821011847j:plain

大きなジャングルジム滑り台。

f:id:mitton20:20180821095936j:plain

ボルダリング

f:id:mitton20:20180821095905j:plain

4歳までの小さな子供用のスペース

f:id:mitton20:20180821095919j:plain

卓球台。大人も楽しめそう。

f:id:mitton20:20180821095847j:plain

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mitton20:20180821095655j:plain

フードコート

f:id:mitton20:20180821095824j:plain

ドリンクは85~95バーツ

f:id:mitton20:20180821095809j:plain

フードは140~175バーツ。

f:id:mitton20:20180821095727j:plain

キッズメニューも充実。75~100バーツ。

2階には工作教室(オプション)もあって

絵をかいたり、卵型のキャラクターの色をつけたり

インドア派や女の子の楽しめるスペースもありました。

無料のWIFIもあって便利。

地域的なものか?価格的なものか?不明ですが、

現地人のお客さんはあまりいなくて

約半数が日本人(おそらく駐在員のご家族)

あと半分は多国籍(旅行者というより在住者)

子供たちを遊ばせて、カフェで情報交換?している

日本人マダムがたくさんいました。

我が家はオープン早々に入りましたが、小1と年小の息子たちはみっちり4時間

ほぼ休憩なしで遊びまくってました。

大人が若干退屈だったので、昼過ぎに退出しましたが、

子供たちはまだまだいたかったみたいです。

付き添いで行かれる方は暇つぶしグッズを忘れずに。

まとめ

Fun arium なかなかいいよ。

平日が安くて空いてるのでおすすめ。

ランチもリーズナブルで1日遊べる。

大人は暇つぶしできるもの必須。

バンコクプロンポンの室内公園Fun arium のご紹介でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント