失敗しない焼き鳥屋開業②居抜き?スケルトン?内装工事の注意点

 

焼き鳥屋を開業するときに店舗を借りると思うのですが、内装が全くなくて建物のみがあるスケルトンの物件と以前何らかのお店であってそのお店の内装が残っている居抜き物件がありますがどちらがいいのでしょうか?まずはそれぞれのメリット、デメリットを見てみましょう。

★スケルトン

メリット・自分の思い通りに店を作ることができる。

     席の配置や厨房のレイアウト、照明や内装に使う資材まで全部自分で

     決められるので満足度の高い店が作れる。

デメリット・全てを1から作るので開業資金が高額になってしまう。

   

★居抜き

メリット・以前のお店が自分のやりたいお店のイメージに近かったり、エアコン、

     冷蔵庫などが引き続き使える店舗の場合少ない開業資金でお店を

     オープンすることができる。

デメリット・席の配置や厨房のレイアウトなどの使い勝手が悪くストレスを感じる

      ことも多い。また古いエアコンや冷蔵庫は電気代が高かったり、すぐに

      壊れたりするので、結局節約にならないこともある。

 

私が提案する、広さ10坪、家賃10万、20席のお店で居抜きであれば150万~300万。

スケルトンであれば400万~600万ぐらいで開業することができます。

なので自己資金が300万以下の人は居抜き一択にならざるを得ないです。

店舗を実際に探しだすとわかるのですが、焼き鳥屋は煙と臭いの問題があるので、開業を許さない家主さんも多いです。居抜きの理想は元焼き鳥屋か串カツ屋です。

居抜き物件を内覧するときの注意事項としてデメリットでも触れましたが、まずは自分がやろうとする店のイメージにあっているか?客席や厨房のレイアウトは使いやすいか?をチェックして、次にエアコン、冷蔵庫、トイレ、排気口などがそのまま使えそうかもチェックしてください。最後に契約条件も確認してください。保証金、契約期間、更新料、退去時の解体費用(スケルトンに戻して返すのか?そのままでもいいのか?)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

居抜き物件で開業を目指すなら100点を求めないことが大事です。少し気になるところがあっても少額で補修できたり、工夫で乗り越えられるなら80点でもいいと思います。そもそも100点は存在しないし、こだわりすぎるとなかなか物件が決まりません。

スケルトンの場合は、ご自身で希望と予算を決めて工事業者と打ち合わせをして100点に近いお店を作ってください。

 

<内装工事のアドバイス>

★外観、看板:目立ってなんぼ。新しいお店ができたんだ、焼き鳥屋さんなんだ

       ということが車でさーっと通ってもわかることが大事です。

       オープンしたらメニューの一部でも店頭に出してお客さんにおおよその

       予算を示すことが集客につながります。

★トイレ  :ウォシュレットは必須です。

       予算とスペースに余裕があれば男女別がいいです。

★テーブル :テーブルとテーブルの間に可動式の仕切りがあって個室感を出しつつ

       大人数の時は仕切りを外して使えるようなレイアウトがいいです。

       今は2人組でもテーブルに座りたいお客さんが多いので2人用テーブル

       4人用、6人用などを上手に配置してテーブルの数をなるべく多く確保

       してください。

★カウンター:主に一人客用で4席ぐらいでいいと思います。カウンターの幅は少し

       広めにとって一人客も居心地のいいカウンターがいいです。

 

オープン時は理想が先走って予算がどんどん膨れ上がってしまう人が多いです。

オープン後長く商売を続けられるよう余裕をもった資金計画でお金を使うところと引き締めるところのメリハリをつけてより理想に”近い”お店を作ってください。

f:id:mitton20:20170928193054j:plain

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント