エポスカードの旅行保険は神!!素晴らしいメリットをご紹介。

国内旅行に行かれるときは健康保険が適用されますが、

海外旅行に行った際には健康保険は適用されませんので、

海外で病気やけがになった場合に備えて保険は準備しておいた方がいいのですが、

民間の保険会社の旅行保険に加入するより年会費無料のクレジットカードを作った方がいいよというお話をしたいと思います。

今回は旅行保険の内容が最強と言われるエポスカードを例にすすめていきます。

1、なんといっても無料!これ最強!

民間の保険会社に加入すると旅行日数、保障内容に応じて当然、保険料がかかります。

エポスカードは年会費永年無料!

なのに疾病治療(食あたりなどの病気全般)が270万まで、

傷害治療(けが)が200万まで補償されます。

これ凄くないですか?海外でおなかが痛くなってもエポスカードを持ってると安心。

2、自動付帯VS利用付帯

クレジットカードの旅行保険には自動付帯と利用付帯というのがあって、

自動付帯というのは持っているだけで保険が適用され、

利用付帯はそのカードで航空券やツアーの代金を支払った旅行のみ保険が適用されるというもの。

発行枚数日本一の楽天カードは利用付帯。

エポスカードは自動付帯。

持ってるだけで補償されるまさに最強のお守りカードなのです。

3、キャッシュレスサービス

海外で病院に行って治療を受ける際、

治療費をカード会社が支払ってくれるサービスを

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャッシュレスサービスというのですが、

エポスカードはキャッシュレスサービスに対応しています。

あらかじめ24時間365日、日本語対応の

アシスタンスサービスに電話をして相談しましょう。

このサービスもめちゃくちゃ大事で、

これがないと一旦治療費を自分で支払い、

後から保険会社に請求することになり、

高額な現金を現地通貨で用意しなければなりません。

もし手持ちがなければ治療を受けることもできません。

4、携行品も20万円まで補償

観光中にデジカメを落として壊してしまったとか、

最近ならスマホを自撮り棒に取り付けて写真を撮っているときに

スマホが落ちて壊れちゃったみたいな時にも

20万円を限度に補償が受けられます。

これだけのサービスを年会費永年無料で手にすることができるなら旅行好きな人は入らない方が損でしょみたいな話です。

エポスは普通カード→ゴールドカード→プラチナカードがあってだんだん補償額は増えますが、その分年会費もかかってくるので

まずは年会費永年無料の普通カードを発行してお守りとして旅行に持っていけばいいと思います。

エポスカードはこちらからどうぞ。

今回は海外旅行に行くならエポスカードは超使えるよというお話でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント